井の中のカナダ 

英語イマイチでも、アラフィフでも、クセの強いネイティブの友達とつるんでます。

超有名ドラァグクイーン、カルロッタ姉さんはホントにカリスマだった

去年の夏、知り合いの母娘がバンクーバーに1週間ほど遊びに来た。 バンクーバーくんだりまで来るんだから、大学生の娘ちゃん、外国や英語に興味あるのかと思いきや、全然興味なくって、海外旅行も子供の頃の家族旅行以外ないらしい。 それでも、あちこち連れ…

カリスマドラァグクイーンとビアガーデンで一緒に飲んだ話

それは数年前の青空が広がるバンクーバーPRIDEの開催日。 メインストリートは、ゲイの人や、女装の人たちのパレードを目当てに、大勢の観客で溢れかえる。 私にとってはじめてのゲイパレードだったので、ワクワクドキドキしながら、いつものスチャラカ友人た…

50の手習い、まさかの元素記号暗記で幕をあける

バンクーバーの冬は雨が多いので、子供と一緒の休みの日は持て余してしまう。 子供らはまだファッションにも興味がないのでショッピングも行きたがらないし、たまにプールに連れて行くくらいが関の山。どうにもネタ切れで、頭を抱えていた。 ところが、去年…

サンフランシスコ(6) アルカトラズ島は海風で吹きっさらしなのだ

(↓からの続き) メーちゃんは今日もお仕事。 残りの3人で、今回の旅で1番のメジャーどころのアルカトラズ島 へ。 言わずと知れたサンフランシスコ湾に浮かぶ、かつては鉄壁の砦を誇る刑務所があった島。 フィッシャーマンズワーフ付近から、チケットを買っ…

サンフランシスコ(5) ドラァグショーには、意外においしいビュッフェがついていた

(↓からの続き) www.canada-kt.com 大のドラァグショー好きのマーさんが、どうしてもっていうんで、ダウンタウンのブランチ付きのドラァグショーにみんなで繰り出した。 スマホで、配車サービスのUBERを呼ぶと、すぐにで近くにいる契約車が迎えにきてくれる…

サンフランシスコ(4) トレジャーアイランドのフリーマーケットで多国籍料理食べまくり&飲みまくり

(↓からの続き) www.canada-kt.com 5年近くサンフランシスコに住んでいたにもかかわらず、貧乏学生だったもんで、有名どころの観光らしい観光はほとんどせずに帰国してしまった。 今回の旅では、ようやく念願のサンフランシスコ観光。 まずは、マーさんがア…

サンフランシスコ(3) 寿司シェフが20年たっても怖いくらい変わってなかった件

(↓からの続き) www.canada-kt.com 母校の次は、記憶を頼りにグーグルマップで探し当てた、当時ホームステイしていた家へ向かう。 あああ、まだ家がある~。 20年前と変わらない外観。 車を止めて、家の様子を眺めながら、しばらく考えあぐねた後、私はナッ…

サンフランシスコ(2) なつかしの母校への道のりはなぜかオーストラリアの香り

(↓からの続き) www.canada-kt.com 夜遅くサンノゼ空港に降り立ち、この日はそのまま近くのホテルで就寝。 翌日、マーさんは、サンノゼ付近のアンティークショップめぐり、私とナッちゃんは私の思い出の地めぐりへ。 *よくわかんないアンティークのヤギが…

サンフランシスコ(1) まずはシアトルへ向け出発するも、ビールとカニとえびで途中下車

注:今年1月の話です。 メーちゃんが、カリフォルニアに出向になった。 ある日、そのメーちゃんから「チロリン♪」とメッセージが。 「こっちに遊びにくれば?」 実はその昔、私はサンフランシスコのベイエリアで学生をしていた。 5年弱を過ごし、帰国後ただの…

ハードル高かったエイプリルフールとエッグハントのコンビネーション

イースター前夜。 イースターエッグのお菓子を家中に隠して回らなければならない母は、早いとこ子供らに寝て欲しい。 「母さんももう寝るから」と演技を決め込み、興奮状態の子供らを無理やりベッドに向わせる。 そしたら、案の定自分が真っ先に眠りに落ちて…